設備工事 製缶 機械メンテナンス をお考えなら 愛知県 豊田市 の I.C.C株式会社 にお任せください

設備工事、製缶、機械据付移工事を徹底した顧客目線でお客様のお悩みを解決します

I.C.C株式会社では、当たり前を当たり前だと思わない、常識を常識だと思わない精神で徹底して顧客目線にたって商品開発を行っております。

これにより、競合他社では実現出来ないようなスピードと価格でお客様にご提供することが可能となっております。

お客様からは、最初戸惑ったものの今までにない実績でもう手放すことが出来ないといったお声を最も多くいただいております。

これに甘えること無く、常に常識を疑ってお客様の求めるものを追求する姿勢で作業に取り組んでいきます。

設備工事 製缶 機械メンテナンス をお考えなら 愛知県 豊田市 の I.C.C株式会社 にご連絡ください!

提供中のサービス

設備工事 製缶 機械メンテナンス 機械据付移設工事 愛知県 豊田市 ICC株式会社

機械据付移設

Machine installation relocation

  • 据付
  • 移設
  • 運搬
設備工事 製缶 機械メンテナンス 機械据付移設工事 愛知県 豊田市 ICC株式会社

設備工事

Equipment work set

  • 制作
  • 加工
  • 取付け
設備工事 製缶 機械メンテナンス 機械据付移設工事 愛知県 豊田市 ICC株式会社

製缶・製作・機械加工全般

Making manufactacturing processing

  • 制作
  • 加工
  • 取付け
設備工事 製缶 機械メンテナンス 機械据付移設工事 愛知県 豊田市 ICC株式会社

機械メンテナンス

Machine maintenance

  • 保守
  • 維持
  • 管理
設備工事 製缶 機械メンテナンス 機械据付移設工事 愛知県 豊田市 ICC株式会社

給配管工事一式

Supply plumbing work

  • 製作
  • 加工
  • 取付け
設備工事 製缶 機械メンテナンス 機械据付移設工事 愛知県 豊田市 ICC株式会社

産業用台車製造

Industrial trolley manufacturing

  • 製作
  • 加工
  • 運搬

機械据付移設

機械移設とは、工場等における新規設備の据え付けやレイアウト変更などに伴う機械などの重量物の移動を行う仕事のことをいいます。 移設前、移設後で加工精度に誤差が出ないように、機械移設を行います。 とくに精密機械、高精度設備等の移設には、細心の注意を払う必要があります。

設備工事

建物を人の体に例えると、給排水衛生ガス供給・空調は循環系、呼吸器系と言えます。必要な場所へ水や空気を、ポンプやファンによって配管やダクトを利用して供給する設備を構築します。建物で生活する為になくてはならない水廻りの環境構築や、空調温熱環境を建物用途に応じて多彩なシステムで構築した設備を、設計環境において自動制御運転させたり等、それらをコーディネートするのが機械設備の仕事です。機械工事は、更地の着工時期から、お客様へ建物を引き渡す最後まで現場に関わる職種です。躯体工事の時は、配管・ダクトルートをイメージしたルートを確保するための仕込みの時期です。内装仕上げ工事と共に、たくさんの建築他職と調整を行いながら見えなくなる部分の配管・ダクトルートを作り、仕上げ面に機器類を取付けていきます。そして最終仕上げとして試運転調整を行います。

製缶・製作・機械加工全般

製缶とは、ステンレス等の金属板を加工することによって、骨組み上の物や容器などを作り上げることをいいます。製品例には、水槽やタンク、鉄骨、クレーンや船の部品など基本的に大型のものが挙げられます。より複雑な形状の構造物も製造可能なことから、板金加工とは区別されています。この製缶板金は、熟練した溶接技術が必要となります。溶接技術は、技術者の技量によって製品の完成度に差が出てしまうため、製缶加工の依頼をする際には、会社の規模などで判断するのでなく、優秀な溶接工を有する会社を選ぶことが重要です。以下、製缶加工の流れです。

①設計

②切断・抜き加工

③曲げ加工

④溶接

⑤穴あけ加工

⑥機械加工

⑦研磨加工

⑧表面処理

以上の工程を経て製造します。

機械メンテナンス全般

定期メンテナンス機械や設備を継続的かつ安定して稼働させるために、点検、修理、部品交換などの保全計画を立てて定期的にメンテナンスを施していくものです。 … 機械や設備の安全稼働のために行う予防活動のことです。 部品がどれくらい劣化しているか等をしらべて、交換が必要な部分に対してのみ措置を行います。

≪定期メンテナンス≫

定期メンテナンスは機械や設備を継続的かつ安定して稼働させるために、点検、修理、部品交換などの保全計画を立てて定期的にメンテナンスを施していくものです。部品交換の目安については一定期間で交換する「時間基準保全」と、部品の劣化具合に応じて交換する「状態基準保全」の2通りがあります。

修理プロセスではトラブルを未然に防ぐことができません。それに対して定期メンテナンスは定期的にメンテナンスを施行するので、トラブルを抑止したり機械の寿命を延ばしたりと様々なメリットがあります。

≪予防メンテナンス≫

機械や設備の安全稼働のために行う予防活動のことです。部品がどれくらい劣化しているか等をしらべて、交換が必要な部分に対してのみ措置を行います。必要な部品だけを事前に調達してから交換するので、時間とコストを少なく抑えることが可能です。ただし点検ヵ所や部品寿命の見極めにはスキルが必要であり、作業員の負担が大きくなる傾向にあります。

これらのうち、修理を占める割合を最小限に抑えることが理想とされています。しかしながら機械や設備の保守作業が複雑になるほど定期メンテナンスや予防メンテナンスでは見つけきれない要因によって故障が発生します。実際の現場では、定期メンテナンスと予防メンテナンスか抜け落ちた部分を修理ですくうという形になるでしょう。

予知保全

定期メンテナンスでは一定期間ごとにメンテナンスを実行しますが、予知メンテナンスは機械や設備に取り付けられたIoTセンサーからあらゆるデータを取得し、リアルタイムに機械や設備の稼働状況を可視化します。センサーから送られてくるデータを分析して、情報として表すことで機械や設備に健康状態が確認できるということです。もしも異常個所発生の兆候が見られれば、即座に予防メンテナンスを行い異常が発生する前に対処します。予知メンテナンスを実行することで実質的な故障ゼロを目指すことができますし、作業保守をサービスとして提供することも可能です。

給配管工事一式

ご家庭のガス管工事やダクト工事、マンション・ビルにおける冷温水配管、冷媒配管、蒸気配管工事など、各種配管工事を承ります。新築物件の管整備や、古くなった配管の更新工事、改装に伴う改設工事など、お気軽にご要望をお聞かせください。液体や気体・ガスといった様々なものを運ぶわけですから、漏れるような危険性があったり、勾配などが悪く円滑に運搬されない、なんて状態は問題外。特にガス管などは、ガスの漏れが大きな事故につながることもありますので、確かな知識・技術力が求められます。当社は一般家庭からマンションなどの大型の建物まで、現場に合わせた数々の配管工事を手掛けてきました。建物を利用する方の安心・快適を一番に考え、適材適所の施工を行っておりますので、どうぞどんな施工も安心してお任せください。

水やガスなど配管を設置する管工事

管工事とは、空調や給排水、冷暖房、ガスに関する設備や、管を使用して水やガス、油、水蒸気などを送るための設備を設置するための工事のことです。よく行われる管工事は、水洗トイレやガス管、厨房などにつながる管などを対象としたもので、私たちの生活になくてはならない工事といえるでしょう。水道施設工事との違い管工事と似たジャンルの工事として混同されやすいものに、水道施設工事というものがあります。これらは、明確に線引きがされています。建設業許可事務ガイドラインによると、上水道等の取水、浄水、配水といった施設と下水処理場内の処理設備を築造・設置する工事が水道施設工事、家屋やその他の敷地内の配水管の設置工事が管工事とされています。要は、公共団体が設置する公的な施設で行う配管工事が水道施設工事、家屋のような一般の施設で行う配管工事が管工事と考えるといいでしょう。

管工事の種類

管工事にはさまざまな種類の工事がありますが、その中でも代表的な工事をいくつかご紹介します。ガス配管工事管工事の中でも、私たちの生活に特に密接に関係している工事のひとつが、ガス配管工事です。家の中にガスの配管を通して、料理やお風呂など、さまざまなシーンでガスを使えるようにする工事のことです。この配管に不備があると、ガスを安定して供給することができなかったり、危険が生じてしまったりするケースもあるため、品質を重視した工事が求められます。また、ガス配管工事には、都市ガスの工事とプロパンガスの工事の2種類があり、それぞれガスの供給方法が異なるため、工事に求められる知識や技術も異なります。水道配管工事、水道配管工事は、給水管引き込み工事、屋内配管工事、下水道排水設備工事の3つに大きく分けられます。そして、これら3つの工程がすべて完了して、初めて水道が使えるようになります。仮に、どこかの工程でミスがあると、途中で漏水してしまったり、下水が上がってきてしまったりなど、さまざまな不具合を招いてしまいます。ダクト工事、ダクトとは、主に空気の通り道となる配管のこと。高層ビルや商業施設のような多くの人が集まる建物に取りつけられており、きれいな空気を循環させる役割を果たしています。ダクト工事に不備があると、嫌なにおいが充満してしまったり、最悪の場合には一酸化炭素中毒などを引き起こしてしまったりする可能性もあるため、設置する際には細心の注意を払わなければいけません。

産業用台車製造

当社では、装置の設計・製作に加え、一品一葉での対応となる部品製造も行っています。I.C.C株式会社では、各種溶接機などの対応が可能となっています。昨年4mの長尺ものの曲げ加工が可能となるベンダー機も導入し、装置向けをはじめとして、フレーム・筐体といった製品の製造が可能となっています。これまでに、半導体をはじめ、電子部品・液晶・食品製造機械等への製造実績は多数保有しており、装置メーカーだからこその機能面を抑えた台車・棚・筐体の設計~製造までの対応ができますので、お気軽にご連絡ください。

設備工事 製缶 機械メンテナンス 機械据付移設工事 愛知県 豊田市 ICC株式会社

I.C.C株式会社 公式Instagram

弊社のインスタグラムです♪是非ご覧ください。